誕生祝い


社内でスタッフの誕生祝いを行いました。
1月に誕生日を迎えたのは2名。
ささやかではありますが、社内で乾杯をしました。
このように仕事以外で仲間同士でテーブルを囲むのはいいものですね。



宴もたけなわ、社長からプレゼントがあるとのこと。


Fさん、嬉しそうにプレゼントの箱を開けます。





あれ、、、
中身がない?





最初に落とすのは、もはや恒例となってきました。
社長のおちゃめなイタズラです。


Fさん、気を取り直して、2つ目の箱を開けます。





箱から出てきたのは、ぴかぴかでした。



おしゃれですねーーー!


思わず笑顔!
とても嬉しそうです!




早速履いてみることに。
サイズもぴったり。(社長は足のサイズを知っていました)

どうです?キマってますか?
(ズボンのスソがヨレているのはご愛嬌ということで)







そして、2人目。




Kさんもイソイソとプレゼントの箱を開けます。



そして、


空!



社長、、、お約束ですか?
(後ろからでも笑っているのがわかりますけど)



もちろん、別にプレゼントの箱がありました。





開けてみると、、、ぴかぴか



シックですね。
社長はセンス抜群です!




営業マンは靴に気を遣います。
これは社長の考えでもあります。

さぁ、これで営業がんばれますね!(プレッシャー?)


それと、
スタッフの一人が結婚のお祝いをいただきました。
仕事仲間から「おめでとう」と言われると、大変嬉しいものですね。


こんなプロモーションですが、
今年もよろしくお願いいたします。