節分の日に豆撒き


2月3日は節分の日です。

オフィス内では、さすがに「鬼は外、福は内」と叫ぶことはできませんでしたが、一年の災いを払うための厄落としとして、略式ながらも豆撒きを行いました。


炒り豆の代わりに皮つきピーナツ。これをほどよく撒きました。
ピーナツを年齢の数分食べるのは健康によくないので、ほどほどに食しました。


しかし、どうみてもお酒のつまみにしか見えない気がします。





節分の日に食べると縁起がいいと言われる恵方巻も食べました。




恵方巻は、節分の夜にその年の恵方に向かって、願い事を思い浮かべながら丸かじりする習わしがあるようですが、一人1本も食べきれませんので、普通に切って、みんなで仲良く頂きました。
イカ、イクラ、だし巻、その他いろいろ入っており、とてもおいしかったです。

やはり、このようなイヴェントを行うと、節目の大切さを感じます。
日本の文化ならではですね。